感染と抗菌薬 Vol.22 No.2 2019 特集:小児における抗菌薬適正使用―最新の考え方からのアプローチ

¥ 2,420

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • ゆうパケット300

    全国一律 300円
通報する

編集:東北文化学園大学医療福祉学部抗感染症薬開発研究部門 特任教授 渡辺 彰
   帝京大学医学部微生物学講座 主任教授 斧 康雄
   国立病院機構東京病院 呼吸器センター部長 永井 英明
発行年月:2019年6月刊
判型:B5判
ISBN:978-4-86092-667-0

<主な内容>
●小児における薬剤耐性菌の動向と薬剤耐性(AMR)対策アクションプラン
●小児におけるPK-PD理論とTDM―臨床で役立つ投与設計の理論と実践
①ニューキノロン系薬
②カルバペネム系薬
③抗MRSA薬
●新生児における抗菌薬の選び方・使い方―適正使用のための取り組みを含めて
●小児における抗菌薬の選び方・使い方―病態・治療・予防の実際
①インフルエンザ菌感染症
②肺炎球菌感染症
③百日咳
④マイコプラズマ肺炎
●小児における抗真菌薬の選び方・使い方