感染対策ICTジャーナル Vol.15 No.2 2020 特集:技術進歩とともに進化する  軟性内視鏡の感染管理

¥ 2,200

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • ゆうパケット300

    全国一律 300円
通報する

編集:東京女子医科大学医学部感染制御科 教授/同大学病院感染制御科 診療部長 満田 年宏
   山形大学医学部附属病院検査部 部長 病院教授・感染制御部 部長 森兼 啓太
   自治医科大学附属病院感染制御部長・感染症科(兼任)科長,自治医科大学感染免疫学 准教授 森澤 雄司
発行年月:2020年4月刊
判型:B5判
ISBN:978-4-86092-755-4

Special feature
技術進歩とともに進化する  軟性内視鏡の感染管理
■Introduction 軟性内視鏡医療の進歩と感染管理の在り方
■Update 軟性内視鏡機器・器具の最新デザイン―単回使用(SUD)を含めた製品検証
■Standard 感染対策からみる軟性内視鏡管理の基準 ―国内外のガイドラインとスポルディングの分類を考える(内視鏡の洗浄・消毒を中心として)
■Reprocess  最新技術・機器による軟性内視鏡の再生処理
1)再生処理の原則―洗浄・消毒から保管・供給までのポイント
2)洗浄・消毒装置とバリデーション
3)洗浄評価とその活用
■Safety 軟性内視鏡の再生処理とスタッフの安全対策
1)曝露予防―スタッフを取り巻く安全問題と具体策のポイント
2)環境整備―スタッフの安全を踏まえた配置の基本と工夫のポイント
■Focus 内視鏡施設の最新モデルを知る―ダブルドア式自動内視鏡洗浄機の視察体験記
■Management 科別で捉える軟性内視鏡の管理・運用の実際
1)耳鼻咽喉科
2)泌尿器科