感染対策ICTジャーナル Vol.15 No.3 2020 特集:一人ひとりの管理と実施で解決 手指の健康と手指衛生

¥ 2,200

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • ゆうパケット300

    全国一律 300円
通報する

編集:
東京女子医科大学医学部感染制御科 教授/同大学病院感染制御科 診療部長 満田 年宏
山形大学医学部附属病院検査部 部長 病院教授・感染制御部 部長 森兼 啓太
自治医科大学附属病院感染制御部長・感染症科(兼任)科長,自治医科大学感染免疫学 准教授 森澤 雄司
発行年月:2020年7月刊
判型:B5判
ISBN:978-4-86092-756-1

<主な内容>
Special feature
一人ひとりの管理と実施で解決 手指の健康と手指衛生
■Research 手指の健康と手指衛生の最新知見
1)ハンドケアによる手荒れ対策の最前線―感染対策における早期治療の効果と重要性
2)手指衛生と手荒れ対策の最新知見―様々な手指消毒剤とオゾン水の皮膚組織に対する影響について
3)手袋とアレルギー対策の最前線―手袋素材の影響とアレルギー対策のポイント
■Nursing care 看護ケア別 『手指衛生の5つのタイミング』の実践
1)点滴交換・ドレッシング交換,採血・穿刺
2)一般ケア―血圧測定・バイタルサイン測定・体位変換
3)排尿・排便ケア,リネン交換,ベッド周囲の環境整備
■Department 場所別 『手指衛生の5つのタイミング』の実践
1)手術室・集中治療室(ICU)
2)小児科病棟・新生児集中治療室(NICU)
3)透析室・透析クリニック
4)高齢者介護施設
■Occupation 職種別 『手指衛生の5つのタイミング』の実践
1)医師―外来・病棟のピットフォールと解決術
2)臨床検査技師―検査室内・外のピットフォールと解決術