感染対策ICTジャーナル Vol.16 No.4 2021 特集:ハイリスクと闘う 新生児医療の感染対策 | vanmedical

1/1

感染対策ICTジャーナル Vol.16 No.4 2021 特集:ハイリスクと闘う 新生児医療の感染対策

¥2,200 税込

別途送料がかかります。送料を確認する

編集:
東京女子医科大学医学部感染制御科 教授/同大学病院感染制御科 診療部長 満田 年宏
山形大学医学部附属病院検査部 部長 病院教授・感染制御部 部長 森兼 啓太
自治医科大学附属病院感染制御部長・感染症科(兼任)科長,自治医科大学感染免疫学 准教授 森澤 雄司
発行年月:2021年10月刊
判型:B5判
ISBN:978-4-86092-761-5

<目次>
■Introduction 新生児医療における感染対策の現状―新型コロナウイルスの影響を含めて
(森岡一朗)
■Basic risk 新生児医療の特殊性―知っておくべきハイリスクの理由
1)新生児の病態と最新医療技術―高度医療に潜む感染リスク
(大木康史)
2)新生児の看護ケアと医療処置―日常業務に潜む感染リスク 
(岩浅留美子)
■Risk & Control 1 新生児医療の病原体リスクとその対策
1)新生児医療の感染症リスク―病原体の種類から症状・治療・予防まで  
(野崎昌俊)
2)新生児医療の耐性菌リスク―NICUサーベイランス動向と監視培養実施の指標    
(木下大介)
■Risk & Control 2 新生児医療の伝播リスクと環境整備
1)NICU・GCUの環境整備―多職種・面会者とのかかわりを踏まえた伝播予防策  
(岡﨑 薫)
2)保育器の環境整備―日常清掃とターミナル清掃のポイント 
(星野智子)
■Practical 新生児医療の感染対策の実際―他領域との違いの視点から
1)標準予防策―手指衛生・個人防護具を中心に
(永田由美)
2)輸液管理・人工呼吸管理 
(川野佐由里)
3)隔離対策―アウトブレイク時の対処方法
(井石倫弘)
4)看護ケアの感染管理―皮膚ケア・口腔ケア・授乳ケア
(平岩美緒ほか)
■Topic ロタウイルスワクチンの定期接種―新生児医療での意義と接種の実際
(小林正樹)

商品をアプリでお気に入り
  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥2,200 税込

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      その他の商品